個別指導塾選びのポイント

個人指導塾を選ぶポイントは、本当に個人指導塾のメリットを活かせる個人指導塾であるかを見極めるところにあります。

生徒一人に対して先生が一人つき、マンツーマンで指導にあたればそれだけ先生の数は必要になりますし、当然集団で指導をうける学習塾よりも費用が高くなるわけですが、個人指導塾によっては、そうしたコストを抑えるために、個人指導塾といってもマンツーマンで指導をするわけではないところも多数あるのです。

マンツーマンで指導をしない個人指導塾が全くダメだといっているわけではありません。一人の先生が同時に何人かの生徒の指導にあたり、費用を抑えつつも上手に個人指導をしているコストパフォーマンスが高い個人指導塾もありますので、そうしたところはむしろ積極的におすすめしたいくらいなのです。

しかし、それができずに、ただ問題集をとかせては答え合わせをするだけというような、まったく学習効果の期待できない個人指導塾もありますので注意が必要です。

個人指導塾へ通うことを希望するならば、個人指導塾の選び方はこのようなポイントをチェックするようにしてください。

まず最初は上記のものですが、一人の先生が同時に何人くらいの生徒を担当するのかです。次に、先生が担任制なのかそうでないのかを確認しましょう。完全な担任制というところもあれば、担任を一人決めその先生がトータル的なケアをすることを前提にして、授業毎に先生が変わるというところもありますし、手が開いている先生が担当し毎回先生が変わるような形態のところもあります。何を目的に個人指導塾に通うかにもよりますが、ある程度は担当の先生が決まるような形態の方が、学習の成果を見たり学習計画をたてる上でも有利です。

次に大切なのは学習環境です。個人指導を受けるからには、個人が集中して学習に取り組めるような設備もあった方がいいでしょう。一つの教室で、机ごとに指導をするようなところよりは、個室だったり、個人のブースが別れていたりするところのほうが集中して勉強に取り組めますし、個人指導のメリットを活かすことができると思います。

また、個人指導塾を選ぶ場合の注意点としては、個人に対して指導をするだけに先生の数が必要になることから、指導経験のない大学生を大量にアルバイトとして雇用しているような個人指導塾もあることです。大学生のアルバイトが学習塾で先生をしていること事態は一般的なことですし、受験を終えたばかりの大学生というのは受験の相談に乗ってもらえたり、勉強法のアドバイスをしてもらえたりということで、メリットになる部分も多いのですが、指導のノウハウということに関してはやはり未熟な場合があることも否定できません。大学生の先生を指導するベテランがいたり、経験のある先生とのローテーションで指導にあたってもらえればいいのですが、現場は大学生のアルバイトだけというような個人指導塾ではやはり不安があるというのが正直なところだと思います。指導にあたる先生の経験というところも、個人指導塾選びでは注意してチェックしてもらいたいと思います。

あとはオプション的なところですが、個人指導塾のなかにはかなり快適な自習室があったり、コーヒーや紅茶が飲み放題だったりと、勉強をしやすい環境を整えてくれているとこともあります。塾通いは生活の一部になるとことですので、そうした快適さもプラスされればなおいいかと思います。

まずは体験入学をしたり、実際に見学に行くなど、自分の目でみて個人指導塾を選ぶようにしてください。

  • 「学習塾お探しナビ!」はあなたに合う学習塾をご紹介します。
  • サイトマップ