県立の高校に行かせる為にいつから塾に行かせるべき?

Q、県立高校に行かせるためにいつから塾に行かせるべき?

A、いつからでも遅いことはありませんが、早いにこしたことはありません。

公立高校の受験は、基本的には中学のカリキュラムにのっとって行われますので、県立高校を第一に絞って勉強をするということであれば、学習塾には通わずに、学校の勉強をしっかりやって自力で合格をする人もいます。そういった意味では、県立高校受験に向けた勉強というのは、日々の積み重ねが大切で、中学に入ったその日からでも受験を意識してしっかりと学習を積み重ねることが大切です。

ただし、中学生が計画性をもって日々コツコツと学習を積み上げるということを自力で行うのは、かなり難しいと思ってください。それができるのばごく一部だけです。やはり、ある程度強制力をもって学習させるためにも、学習のノウハウを身に付けさせる意味でも学習塾に通うのが理想です。

学習塾に通うタイミングとしては、いつからでも遅いということはなく、自分で勉強をすることに難しさを感じたり、もっと効率的に勉強したいと考えた時には、いつからでもかよってほしいと思いますが、やはりある程度の時間をかけてじっくりと積み重ねる方が成果があがりやすいのが勉強というものですので、私立を目指す場合でも、県立を目指す場合でも、学習塾に通うならばできるだけ早い時期から通ったほうがいいでしょう。

具体的には、私は中学1年生から通うべきだと思っています。それは、高校受験には内申点が非常に大切だということもあります。1年生のうちからしっかりと内申点を積み重ねる必要があります。それによって推薦入試に挑戦できるなど、受験の選択肢が広がる可能性もあるのです。

早いうちから塾で勉強し、基礎を積み重ねること、また勉強をする習慣をつけるということも大切です。中学3年生から塾にかよいはじめるという人もいますが、この場合は学力を伸ばすこと以上に、勉強をする習慣をつけること、学習法を身につけることに苦労をする人も少なくありません。早いうちからそうしたものを身につけさせることも大切な受験準備なのです。

部活動などがあり、学習塾との両立は難しいという場合でも、例えば苦手な教科を1教科だけなどでもかまいませんので、塾に通って学習する習慣をつけておけば、受験の時に差がでます。

県立高校を目指すならば、学習塾にはできるだけはやくから通うといいでしょう。

  • 「学習塾お探しナビ!」はあなたに合う学習塾をご紹介します。
  • サイトマップ