進学塾のメリット

進学塾に通うメリットは、なんといっても受験対策のノウハウを持った専門家のもとでしっかりと受験対策ができることにあります。進学塾には様々が受験に関するデータが集まってきますし、定期的な全国テストなどを行っていることで、全国レベルでの統計データなども持っています。学校でも定期テストの他に全国模試などが実施されることはありますが、学校のカリキュラムに沿った模試では受験対策としては実践的ではなく、進学塾で得られる情報の方がより実際の受験に近い形で様々なデータを得ることができるため、適確な対策をとることができるのです。

一定レベル以上の受験に対応する勉強は、一部の私立などをのぞいて残念ながら学校ではできません。受験問題には学校では教えてくれない問題が多数出題されますので、その問題に対応できるようになるためには、どうしたって学習塾での勉強が必要になるのです。その学習塾も学校のカリキュラムに沿ったものではなく、受験の対策ということを目的に、学校の指導では及ばない部分を補う指導をしてくれる進学塾でなくては、必要な受験対策はできないのです。

学校の立場は、学校の指導は受験のためだけにあるわけではないというものになりますので、もちろん学校の学習内容には、人として学ばなくてはならないことを学ぶという意味があります。しかし、現実問題として受験に挑まなくてはならない子供達に適確に受験対策をさせるためには、学校の指導はどうしても届かない部分があります。受験に対する適確なノウハウをもっている進学塾でそれを勉強させることができるということが一番のメリットでしょう。

進学塾には、塾そのものにもレベルの差がありますし、クラス分け、コース分けなど、レベルが合っている生徒を集めて授業を行いますので、一クラスに様々なレベルの生徒が集まる学校と違って効率的に授業が進められます。志望校の合格に向けて、志望校レベルまで学力を上げるという明確な目標のもとに、そのために必要な授業をムダなく受けることができるのもメリットです。

受験は、学校の成績がよかったり、単に頭がいいということでは合格することができない場合があります。受験には必要なテクニックがあるのです。志望校ごとに、受験問題には出題傾向があったり、受験のための独特の問題の解き方があったりもります。例えば英語を話せるようになるための勉強ではなく、受験問題で1点でも多くの点数を取るための英語の勉強法というものがあるのです。この受験テクニックも進学塾であれば教えてもらうことができます。これもまた学校では教えてもらうことができないものです。

進学塾には、他と比べることもできない圧倒的な受験のノウハウの蓄積があるのです。これを活用して受験対策をしない手はないでしょう。

進学塾は学校のカリキュラムを無視して独自の受験対策を行うとはいっても、学校のカリキュラムと180度違うことを教えるわけではありません。学校のカリキュラムは当然カバーした上で、更に上を行く指導をするわけですから、進学塾で勉強をしていれば、必然的に学校の成績もカバーされていきます。

学校の成績も維持しつつ、早い段階から受験を目標として専門家のもとで対策ができる進学塾は、学習塾の中でもトップクラスに受験での成果が出しやすい塾なのです。

  • 「学習塾お探しナビ!」はあなたに合う学習塾をご紹介します。
  • サイトマップ