個人塾の費用

個人塾は、一般的には大手の進学塾などに比べると費用が安いことで知られています。教育費というのは、家庭にとっては大きな負担となることもあるものですので、安く抑えられるならばそれにこしたことはありません。

個人塾は、他のタイプの塾以上に色々な形態や経営法があるため、かかる費用の平均をはかることは難しいのですが、学習塾選びの参考にしていただけるよう、個人塾でかかる費用の一般的な例をご紹介したいと思います。

まず塾に入るための入学金については、個人塾でも必要になる場合が多いようです。キャンペーンなどで無料になる場合もあるますが、平均して5千円から1万円程度の入塾金がかかるのが一般的です。

次に、必要なのが月謝です。これは何教科を週に何コマ受講するのかということでも変わりますが、3教科を週1日ずつ、つまり週3日通うとして1万5千円から2万円程度というのが一般的です。ただ、中学・高校・大学受験いずれにしても受験年度にあたる年には月謝がアップする場合などもありますので、金額はあくまで参考としてください。

大手の進学塾などでは、月謝以外に設備使用費用がかかる場合があったり、模擬試験代、合宿代など、月謝の他にも細かい費用がかかることが多いのですが、個人塾の場合にはそうした費用はかからないことが多いかと思います。ただ、外部の模擬試験などを利用している個人塾もありますので、そうした場合には、その都度受験料がかかる可能性はあります。外部の模擬試験などは一回の受験料が5千円程度と考えてください。

教材については、学校の教科書や問題集を使って指導するような個人塾であれば必要ありませんが、年間1万円程度の教材費は必要になるところが多いでしょう。

そして個人塾であっても長期休みの集中講座は実施するところが多いと思いますので、その費用も必要です。春季・夏季・冬季講習では、個人塾の場合にはそれぞれ3万円前後の費用がかかるのが一般的です。

これらを年間で計算してみると、1年間でおおよそ30から35万円程度の費用がかかるのが一般的のようです。3年間で計算すれば、90から100万円前後ということです。

個人指導を取り入れているようなところではこれ以上の費用がかかるでしょうし、逆にリーズナブルなところもあるでしょう。ただ、個人塾に通う場合の参考価格としては、3年間で90から100万円程度はかかるという計算になります。

個人塾の場合には、例えば自宅の一室などを使って、本当に個人的に開業している個人塾もあり、そうしたところであれば費用はもっとリーズナブルに抑えることもできると思います。費用が安いから塾の質が低いということではありませんので、コストパフォーマンスが高い学習塾を選ぶようにしましょう。

  • 「学習塾お探しナビ!」はあなたに合う学習塾をご紹介します。
  • サイトマップ