個人塾のメリット

個人塾に通うメリットは、地域密着で面倒見のいい個人塾にほどあると考えています。教えている生徒の数が少ないことから、生徒一人一人に目が届きやすく、個人個人に対して、どんなことが苦手で、何が得意であるのか、得意科目をのばすためにはどうしたらいかなどを指導してもらえるのも、個人塾ならではのメリットです。

また、授業だけではないそうした生徒との交流があることから、学校の情報にも詳しく、定期テストの際などには、教科を担当している先生の出題の傾向を把握していたり、過去の定期テストの問題を持っていたり、地域に密着しているからこそのメリットというのもあります。

大手進学塾のペースや受験一色という雰囲気についていけなかったり、馴染めなかったという子供でも個人塾ならば成果がだせたという人もいることでしょう。勉強が苦手な子供でも通って成果が出しやすいのも個人塾のメリットだと思います。

費用の安さというのも、個人塾を選ぶ大きなメリットになることと思います。これは一概にはいえませんが、個人塾であれば大手の進学塾や個人指導塾に比べて費用が安い傾向があります。個人の経営者が限られた規模でやっているためということもありますし、大手の進学塾が行うことがある合宿や長期休みの集中講座などを、個人塾では行わないところもあり、全体的にかかる費用を見てみると個人塾の方が安くて済む場合も多いと思います。

いくら子供を学習塾に通わせたいという気持ちはあっても、費用の問題というのは親にとっては軽視できる問題ではありませんので、費用が安いというのも個人塾の大きなメリットです。

デメリットを上げるとすれば、受験対策ということで言えば、全国的に展開してデータも豊富な大手の進学塾に比べると、受験情報が少ない可能性があることや、クラスやコース分けでしっかりとレベルを揃えて授業ができる学習塾と違い、クラス内に色々なレベルの生徒が混じって学習している個人塾もあることです。個人塾でも受験のノウハウをしっかりと持っているところも、クラス分けがしっかりしているところもありますので、デメリットと言い切ることはできませんが、そういう可能性もあることは知っておきましょう。

ただ、面倒見がよく個人との付き合いもしっかりとした個人塾であれば、大手の進学塾では絶対に得られないといってもいいメリットを得られることもあります。受験は、受験に合格することが目的であり、受験に合格した先には合格した学校での学校生活があるわけです。

どんな校風の学校で、どんな部活動がどんな活動をしてるのかなど、受験の情報以外にもその学校について知りたいと思う情報はあると思うのですが、そうした情報を塾の卒業生に聞いてみることができる場合があるのです。大手の進学塾であれば、受験に合格させることに目的があり、生徒との付き合いも受験で終わるというところも多いと思いますが、個人塾は進学した後にも塾に遊びに来る卒業生がいるところも珍しくはありません。

そうした人の繋がりがあることも個人塾のメリットといっていいと思います。

  • 「学習塾お探しナビ!」はあなたに合う学習塾をご紹介します。
  • サイトマップ