高校受験


高校受験の事情は、不景気や公立高校の授業料無料化、少子化の影響を少なからず受けて変わってきているということができます。地方都市では、以前から公立高校が私立よりも人気を集めていましたが、都市部でも公立高校の人気が高まっています。また、少子化ですから、当然定員割れをおこす学校もあり、特に私立では公立人気と少子化両方のあおりをうけて苦しい経営を強いられている学校も少なくありません。

公立は、上記のような事情で志望者増え、倍率が上がっているところもあります。一方で私立に定員割れを起こしている学校があるということは、受験のレベルも下がり、これまでより高校に入りやすくなるのでは?と考える人もいることと思います。しかし、ことはそんなに簡単ではありません。レベルの低下を防ぐ対策については学校側も考えているため、受け入れる人数そのものを減らしている学校も多く、定員割れを起こしている学校があるからといって受験が楽になるということにはならいのです。また、志望校として人気の高い学校であれば少子化の影響などはほぼ関係く人気を集めているため、少子化=受験レベルの低下とはならないのです。

希望の高校に進学するためには、やはりしっかりと準備をして受験に挑まなくてはならないのです。この点については、不景気でも少子化でも変わらないと思ってください。

では、高校受験の準備はいつから始めたらいいでしょうか。中学3年生になってからで十分間に合うと考える人もいるかもしれませんが、それでは遅いということもあります。なぜならば、高校受験では内申点が重視される高校もあり、高校によっては中学1年生からの内申の提出を求められる高校もあるからです。内申が関係ない高校を志望する場合でも、高校受験で押さえておかなくてはいけない学習範囲は広く、中学3年生の1年間で基礎から固めることは難しいのです。高校受験の準備は、中学に入学すると同時にはじめるべきと思ってください。

受験対策としては、学習塾に通うことを選択する人が多いでしょう。もちろん家庭教師という人もいると思いますが、一般的なのは学習塾に通うことだと思います。

高校受験に備えるには、できるだけ早い段階で進路の方向性を定めて、それにむけた学習ができる塾を選ぶことが必要です。学習塾には、復習タイプの塾と進学タイプの塾があります。復習タイプは名前の通り、学校で習ったことを復習し定着させるための塾です。公立高校の受験を目指すのであれば、公立高校の入試は中学のカリキュラムの範囲から出題されることになりますので、学校で習うことを確実に定着させるタイプの勉強でも対応できます。中堅以下の私立高校を目指す場合にも、このタイプの学習で成果が出せるでしょう。

しかし、中堅以上の私立受験を目指すのであれば、中学校のカリキュラムに沿った学習内容では、入試には対応できません。進学タイプの塾でしっかりと入試対策をしなくてはならないのです。

復習タイプと進学タイプの塾では学習レベルはかなりの違いがあり、例えば中学3年生になってから私立高校受験を目指したいと、進学タイプの塾に入っても、進学タイプの学習の基礎ができていなければついていくことも困難になります。もちろん努力次第で結果を出せる子供もいますが、中学3年生になってからそんな苦労をするよりも、1年生のうちからこつこつを基礎を積み上げていく方が理想的です。

公立一本と絞っている人ならば、公立対策のできる復習タイプの塾を選べばいいと思いますが、絞りきれていない人、また先々希望が変わることを考えれば、進学タイプの学習をしておけば選択肢を広く持つことができます。

  • 「学習塾お探しナビ!」はあなたに合う学習塾をご紹介します。
  • サイトマップ