進学塾の費用

受験は、場合によってはその先の一生を左右するような人生の大きなターニングポイントになりますので、後悔のないように対策には万全を期したい、受験のためにできることは何でもしておきたいと思う人は多いと思いますし、また子供にはそうさせてあげたいと思う親御さんも多いことと思います。

しかし、そうはいっても学習塾にかかる費用の負担というのは、親御さんにとっては決して軽いものではありません。子供のためにという気持ちはあっても、費用的な問題がなかなか厳しいということで頭を悩ませているご家庭もあることでしょう。

では、学習塾のなかでも受験対策に的を絞って指導を行う進学塾の場合、具体的にはどれくらいの費用がかかるものなのでしょうか。進学塾と一口にいっても、形態も規模も様々ですので一概にいくらと言い切ることはできませんが、一般的にどのくらいの費用で進学塾に通わせられるのかという目安をご紹介してみたいと思います。

まず塾に入るために、必要になる場合が多いのが入塾金です。キャンペーンなどで無料になる場合もあるますが、平均して1万円程度の入塾金がかかるのは進学塾としては一般的なことです。

次に、当然ですが月謝が必要です。これは何教科を週に何コマ受講するのかということでも変わりますが、3教科を週1日ずつ、つまり週3日通うとして2万円から2万5千円程度というのが一般的です。ただ、中学・高校・大学受験いずれにしても受験年度にあたる年には月謝がアップする場合などもありますので、金額はあくまで参考としてください。

塾費用としてかかるのは、月謝だけだと考えている人もいると思いますが、塾によっては教材費や設備使用費用がかかる場合もあります。進学塾であれば月に一度や各月などで模擬試験が行われる場合が多いと思いますが、試験代が月謝に含まれていないケースも多く、試験代もまた別にかかる場合があります。塾によって様々ですが、月謝のほかの細かい費用が年間にして1万円から2万円程度かかる場合があるのです。

そして忘れてはいけないのが、長期休みの集中講座です。春季・夏季・冬季講習では、それぞれ5万円前後の費用がかかるのが一般的です。

これらを年間で計算してみると、1年間でおおよそ40万円程度の費用がかかるのが一般的のようです。3年間で計算すれば、120万円です。

もちろんこれ以上の費用がかかる進学塾もあれば、逆にリーズナブルなところもあるわけですが、一般的な金額の平均で計算しても3年間で120万円程度はかかるという計算になりますので、費用の負担として決して安くはないということが分かると思います。

しかし、進学塾というのはかける費用が高ければそれだけ成果の出やすい塾なのかというとそんなことはなく、比較的費用のリーズナブルな個人塾にもしっかりと結果を出している進学塾はあります。家庭の事情に合わせて、費用の面から進学塾を選択する場合でもしっかりと探せば、リーズナブルでコストパフォーマンスが高い進学塾はきっと見つかります。

最近は少子化で生徒数が減っていることから、塾の側でも生徒の確保のために様々なキャンペーンや割引を実施している場合もあります。兄弟、姉妹がいる場合には同じ塾に通えば大幅に授業料が割引されるなどの塾もありますので、費用面で無理だと諦める前に、まずは探してみてください。

  • 「学習塾お探しナビ!」はあなたに合う学習塾をご紹介します。
  • サイトマップ