中学受験


公立の中高一貫校が誕生したことで、中学受験は大きな転換期を迎えました。これまで、中学受験といえば私立受験だったところに、公立という選択肢が加わったことになるのです。

受験勉強をしていく上では、志望校をできるだけはやく絞込み、志望校の受験にあった学習をすることが大切ですが、中学受験でもまずは私立なのか公立なのかということを絞りこむところから初めて行かなくてはならなくなったわけです。

では、公立中高一貫校と私立中学、それぞれのメリット・デメリットとはなんでしょうか。

まず、公立中高一貫校と私立中学では歴史が違います。公立中高一貫校はまだ開始されたばかりで、導入初期に開校した学校でも中高6年の教育を受けた卒業生はまだ一期から二期しが出していません。それまで公立の先生は、中学は中学、高校は高校というカリキュラムで授業をしてきたわけですから、中高6年間を一貫したカリキュラムで行うということは、まだまだ手探りな状態にあるといってもいいでしょう。実際に6年の教育を終えた学生の成果を見て判断するにも、データがが少なく、公立中高一貫教育にどんな成果があるのかを検討できる段階にもきていないのです。

ただし、公立中高一貫校には、中高一貫でありながら授業料がかからないなど費用面での大きなメリットがあります。まだまだデータ不足ではありますが、卒業生を出した公立中間一貫校の中には進学率などでそれなりの成果を残している学校もあります。これからの将来性に期待をすることと、費用面を考えれば公立中高一貫校も選択肢の一つとしては十分に考える価値のあるものではないでしょうか。

一方、公立中高一貫校にでデメリットであり、私立中学のメリットであるのが、豊富が経験です。歴史の浅い公立中高一貫校と違い、長年一貫教育を行ってきたノウハウが私立中学にはあります。また、公立と違って教師の移動がない私立では、そのノウハウが適確に積み上げられており、6年間の担任持ち上がり制のような、私立だからこそ可能な制度がある学校もあります。また、公立と違い大学の付属中学であれば、中高大学までの一貫教育を受けることも可能です。せっかく受験勉強をさせるのであれば、はやいうちに大学の付属に入れて受験の苦労は一度で終わらせたいと考える親御さんも多いと思います。

しかし、私立であればやはり費用がかかります。現在のところ中高一貫教育のメリットをより発揮できているのは私立ということになるかとは思いますが、費用の問題とも相談して志望校を絞り込んでいくといいでしょう。

志望校が決まれば、塾でどんな勉強をしたらいいかも必然的に絞り込めます。私立と公立では入試の傾向や対策も異なりますので、志望校にあわせた学習をしなくてはなりません。公立中高一貫校の対策専門的だったり、専門のコースがある学習塾もあります。私立を目指すならば、上位校であれば「○○中学コース」のように志望校別のコース分がされている場合もあります。それくらい、志望校にあわせた学習をすることが大切なのです。

学校別の入試傾向や入試対策について豊富な知識や経験を持つ学習塾で勉強をすれば、それだけ効率的に勉強ができる可能性が高いのです。

志望校が決まっているならば、その志望校への合格者を多数出している学習塾を選ぶのも一つの選択肢です。

  • 「学習塾お探しナビ!」はあなたに合う学習塾をご紹介します。
  • サイトマップ